さくらのシングル子育て

子供達が小学生の時に離婚して、何とか3人の息子達を社会人になるまで育ててきました。これまで色々ありましたが、ここまで一人で何とかやって来れたのは、周りの人や3人の息子達に助けてもらったおかげだと感謝してます(*^^*)そんなこんなをブログで綴っていけたらと思います♪

次男が斜視

前回のつづき。


長男がてんかんだと診断された頃、次男の3歳児検診がありました。2歳頃から何となく目つきが気にはなってたけれど、視力は良かったし病院へ行く程の事ではないと思っていました。しかし3歳児検診の時、黒目が左右違うと指摘され、眼科受診を勧められました。


眼科へ行くと外斜視だと言われました。視力には特に問題はなさそうだけど、大きくなるにつれて斜視がひどくなるかもしれないから、子供のうちに手術をした方がいいと言われました。ただ今すぐにする必要はなく、5歳ぐらいになってからでいいとの事でした。


それから大きな病院を紹介され、定期的に検査しながら手術の時を待ちました。長男に続いて次男まで、とも思いましたが、これは仕方がないと自分に言い聞かせました。


そして幼稚園の年長の夏休みに手術をする事が決まり、予定通り手術の日が来ました。病室のベッドから、囲いのある小さなベッドに移され、枕元に小さなぬいぐるみを置きました。改めてこんな小さな子の目にメスが入るなんてと、可哀想な気がしましたが、私がそんな弱気ではいけないと思い、耐えました。


手術の予定時間は2時間と言われていて、病室で待つようにと言われましたが、3時間過ぎても戻って来ません。心配で仕方なかったけど、先生を信じて待つしかありません。そして、3時間半経った頃にようやく戻って来ました。何でも麻酔から覚めるのが遅かったんだとか。


でも手術は無事に終わり成功したと聞いてホッとしました。術後は透明の眼帯をしていたので、普通に歩けました。術後の経過も良好で予定通り退院しました。


ただ、斜視は完璧に左右がピッタリ揃うものではないらしく、若干のズレはあります。なので、その後も半年に一回は受診をし、ズレが大きくなっていないか診てもらいました。


視力も両目で見るには問題ないのですが、手術をした方の視力は弱いという事で、メガネをかけるようにと言われました。しかし、次男はメガネを作ってもほとんどかける事はありませんでした。


病院の先生からも、メガネをかけないと左右の視力のバランスが取れないし、斜視がまた少しずつずれてくるよと言われましたが、私は毎度も先生に「わかりました。言って聞かせます」と返事はするものの、次男は「だってメガネが無くても両目で見たら見えるもん」と言って言う事を聞きませんでした。


病院の受診は、次男が高校を卒業するまで続きました。その頃になると、先生も次男がメガネをかけてない事もわかってるし、次男も悪びれた様子もないので、お互いに苦笑して診察は終わりました。


その後、県外の大学に行った次男は、3回生の時、車の免許を取りに行きました。そこで、今まで意識してなかった斜視が、改めて免許取得が困難だという事がわかりました。さすがにその時はメガネをかけていましたが、普通の人より空間認識能力が衰えているため、視点が合いにくくS字、クランク、車庫入れなど苦労したようです。


それでも何とか免許は取れたんですが、都会にいる事もあり、運転する機会は今のところありません。でも、来年の春から社会人なので、車を運転する時は充分気を付けて欲しいです。


つづく。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。