さくらのシングル子育て

子供達が小学生の時に離婚して、何とか3人の息子達を社会人になるまで育ててきました。これまで色々ありましたが、ここまで一人で何とかやって来れたのは、周りの人や3人の息子達に助けてもらったおかげだと感謝してます(*^^*)そんなこんなをブログで綴っていけたらと思います♪

3兄弟編⑧長男の留年

前回の続き。


大学を中退するという長男。

私はどうしても卒業させたかった。

しかし長男は、母子家庭である我が家に、これ以上家計の負担をかけたくない。


どういう風に言ったら続けてくれるだろう。説得して続ける事になっても、現実家計は厳しい。でも、どう考えても中退は避けたいから、何とか説得しなければ。


私は長男に、冷静に説得しようと試みた。本当に中退したいのか。今すぐ働きたいのか。まずは長男の気持ちをさぐった。長男としても、中退したい訳じゃない。でも家計の事を考えるとそれが最善だと思う。次男も大学に入ったばかり。長男として、少しでも早く働いて家計の負担を減らしたい。長男の言う事は最もだった。


でも、私としてはやはり大学を卒業させたい。途中で投げ出したら、この先社会人になっても、途中で投げ出すかもしれない。それに何より大学中退という事は、高校卒業が最終学歴になる。就活をしても、中退の事は必ず聞かれるはず。企業側としても、大学を中退したという事は、仕事も続かないのではと思われても仕方ない。


私は冷静に説得しているつもりだったが、長男と話しているうちに涙が出て来て、今まで話さなかった私の思いもぶちまけてしまった。離婚した事によって、息子達に苦労をかけてきた事。離婚した事に対して、私を責める事もなく、愚痴一つ言わず成長してくれた事。自分のやりたい事を見つけて大学進学を決めてくれて、何より嬉しかった事。その夢は叶わなかったけど、とにかく卒業だけはして欲しいと、初めて私の思いを長男にぶつけました。


長男も一緒に泣き、自分でも悔しい。できる事なら留年してでも卒業したい。今までお母さんが愚痴一つ言わず、一生懸命働いて自分達を育ててくれた事に感謝している。これ以上苦労はかけたくない。でもこれからも迷惑かけると思うけど、自分達も協力するから、お母さんも辛いときは辛いって言って欲しい。少しは自分達にも頼って欲しいと言いました。


今まで、母子家庭で無我夢中でやってきたけど、お互いどこかで自分の思いを胸にしまって、わがままを言わなくなってしまったのかもしれません。


そこで、ようやく長男は留年して、大学はちゃんと卒業すると約束してくれました。


つづく。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。