さくらのシングル子育て

子供達が小学生の時に離婚して、何とか3人の息子達を社会人になるまで育ててきました。これまで色々ありましたが、ここまで一人で何とかやって来れたのは、周りの人や3人の息子達に助けてもらったおかげだと感謝してます(*^^*)そんなこんなをブログで綴っていけたらと思います♪

元旦那へのストレス

前回のつづき。


長男を保育園に預けて、仕事をしていた私は世間一般的に、会社の飲み会がありました。度々ある訳ではなく、忘年会とか送別会ぐらいでしたが、そういう夜の外出は特に元旦那は嫌がりました。何故なら子供の面倒を見ないといけないから。でもほとんど義父母が見てくれていたので、元旦那に迷惑をかける事はありませんでした。


元旦那に嫌な顔をされても、会社の付き合いもある程度はしないといけないし、数ヶ月に一回の事なので出掛けていました。義父母は昔から21時に寝るのが習慣だったので、私も21時には帰るようにしていました。それでも、なかなか抜け出せない時は21時半とか22時になる事がありました。そうなると元旦那の機嫌が悪く、口論になりました。


私は、世間一般の話をしているのに、それは元旦那には通用しませんでした。よく言われたのは、自分の母親はそんな事なかったという事でした。飲み会はもちろんの事、義母は元旦那が小学校に上がるまで、専業主婦をしていました。なので、私にそれを求めているようでした。


義母は近所の人とお茶を飲んだり、お友達と出掛けたりする事もほとんどしない人でした。元旦那は、そんな母親の姿を私に求めていました。それを私は2歳の長男を保育園に預け、次男は義父母に見てもらい働きに出る。飲み会にも参加するし、時々友達と出掛ける事もあったので、それが気に入らないのです。私が出掛ける時は、元旦那からの電話の嵐でした。


私はだんだん、出掛ける事が少なくなりましたが、元旦那とケンカするのは嫌なので、我慢するようになりました。


休みの日は、元旦那は朝が早く、私達がまだ寝ている頃に起きて、午前中のうちに用事を済ませ、お昼にお酒を飲んで昼寝をするという生活スタイルを崩しませんでした。私は子供達に朝ごはんを食べさせてから、家事をしてお昼前にようやく落ち着くというカンジなので、なかなか元旦那と合いません。


お昼ご飯を外で食べる時だけは、出掛ける時間が合うので一緒に出掛ける事ができましたが、元旦那は自分がご飯を食べる時は、子供に邪魔されたくないと言うので、いつも私と子供が先に食べてお店を出て、その後で元旦那は一人でゆっくり食べていました。お酒を飲むので、私はお店を出て買い物するか、一旦家に帰って、また元旦那を迎えに行っていました。


特に予定のない休みの日は、元旦那が家でお酒を飲んで昼寝をするので、私に子供達を連れて数時間出掛けて欲しいと言ってきました。昼寝の邪魔をして欲しくないという理由でした。


今思うと、どれだけ元旦那に合わせていたか、それが少しずつストレスになっていたんだけど、元旦那と些細な事でケンカをするのも嫌だし、我慢できない程ではないと自分に言い聞かせていました。


つづく。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。